院長紹介profile

院長紹介profile

柔道整復師、鍼灸師Kei Okamoto

プロフィール

・東亜学園高等学校
・亜細亜大学
・日本健康医療専門学校

自身の経験を元に全力でサポート致します!

小学生から高校生までひたすらサッカーに明け暮れた生活を過ごし、高校生になると活動量の多さと激しさ、完治しない状態で復帰する為、足首の靭帯損傷を繰り返す。

大学生になり不摂生をしすぎていた為、体重が87キロまで増えてしまう。
当時は筋肉がまだまだまだあった為、『動けるデブ』

として、サッカーをしてもそれなりに活躍をしていました。

ところが20代前半でサッカー中にギックリ腰を起こします。
まぁそんなに酷くないし〜と思い続けていると最悪な結果の『椎間板ヘルニア』を発症。

坐骨神経の症状が治まるのに一年を要する。
この時にお世話になった、当時の東亜学園サッカー部トレーナーのなごみ鍼灸整骨院の山本和成先生の紹介で日本健康医療専門学校、柔道整復学科に入学。

無事に国家資格を取り、なごみ鍼灸整骨院では主にスポーツ外傷や脊柱管狭窄症などの症状の治療を勉強する。

そんな中、自身の椎間板ヘルニアの神経症状は一年で消えていたが、ギックリ腰や腰痛、背中の張りはしばしば続いており、この症状をとる方法は?
と自問自答していると、ヘルニアになった時に最初に見てもらった外科医の先生の言葉を思い出す。

『太り過ぎ‼︎まず痩せなさい』

正直、こんな医者に診てもらいたくないわ!

太っていても50メートル6秒台で走りますよ?
サッカーだって相手ついてこれないんですから!!

当時心の中の声はこんな感じでしたが、色んな勉強をするうちに外科医の言っている事は言い方が悪いだけで正しいな。と納得する。

その後、筋力トレーニングを開始しダイエットを実行。

87キロ→75キロまで落ちる。

やはり腰痛や背中の張りは減っていった。

しかし、0ではない。

そんな中で自分の治療に限界を感じていた事と自身の体調を変える為に新たな知識を得たいと思い鍼灸師の道を目指す。

やはり奥が深い。
そして自分の体調に当てはまる事がありすぎて驚く。

晴れて鍼灸師の免許を取得し、同級生が務めていた、銀座にある鍼灸院の関口鍼灸院Healtheworldの関口賢先生を紹介してもらう。

この院の特色は体質改善治療である。
生活習慣、食生活の改善は鍼灸学校で大事な事は既に学んで来ていたのでそれを治療として提供している治療院で働いてみたかった。

実際働いてみると目からウロコな体験ばかり。
基本、断食です。
やった事もなかったですが。

やってみると、今までの不摂生がよく分かるようになります。
特に食事を見直しただけで73キロ→68キロに落ちました。

体重だけでなく、身体の調子がすこぶる良い、腰痛や背中の張りも激減、年間で3〜5本は買っていた口内炎薬や扁桃腺が大きい為、喉の炎症が出やすく喉スプレーも買っていましたが、全く買う必要がなくなりました。

思い返してみると自分の体質が一番変わっていました。

そして、今までお世話になった先生の教えを少しでも患者様に還元する為、小平市花小金井に身体のゆがみ根本治療、体質改善・ダイエット治療に特化した『リガーレ鍼灸整骨院』を開院しました。

自身の経験を元に身体の根本から健康になり元気で充実した生活を送れるように全力でサポート致します!

診療方針policy

「患者様が健康で充実した生活を送る」をモットーに・・・

 

当院の診療方針は患者様が健康で充実した生活を送る。をモットーに掲げています。
痛みが出てしまっては、都心に大好きな買い物にも行けない、スポーツや山登りも不安で友人に迷惑をかけてしまいそうで行けない、イライラして周りの人に優しく出来ない。
など様々な弊害が出てしまうと充実した生活が送れません。
これらの症状を感じる前にケアするのが予防です。
怪我も病気も何らかの兆候があります。
その兆候を見逃さずにケアする事が健康で充実した生活を送るための秘訣ではないでしょうか!